読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正攻法で戦う大学受験

大学受験の勉強法を紹介していきます。

様々な科目に使える暗記法

勉強法・コラム

f:id:exampass:20150131112657j:plain

 

「暗記はどのようにやればいいですか?」という質問をTwitterで何度か頂いたので、記事にまとめようと思います。

暗記は一番単純な勉強なので、ちょっとした時間でも行うことができます。

色々なやり方がありますので、紹介したいと思います。

 

赤シートを使って覚える

市販されている問題集や英単語帳などでは、覚えるべき部分が赤文字で書かれていて、赤シートで隠しながら覚えるというスタイルになっています。

このようなタイプのものは、電車などの移動時間でも 簡単に勉強することができます。 また、以下の様な暗記用のペンがあれば、自分で問題を作ることもできます。

まず、ノートかルーズリーフを用意し、真ん中に縦線を1本引きます。縦線の左側に問題を書き、右側に暗記用のペンで問題の答えを書きます。暗記用のペンで書いた文字は赤シートで消えるので、英単語帳と同じように暗記をすることができます。

 

紙に書きなぐる

赤シートだけでは覚えにくいという場合は、ノートや裏紙に覚えたい用語を書きなぐりましょう。 覚えたい用語を声に出しながら書くと、より効果的です。

最近では、青ペンを使って書くと覚えやすいという噂があります(効果があるかどうかはわかりませんが・・・)。

 

何度も繰り返す

一度覚えたと思っても、少し経つとほとんど忘れてしまいます。何度も何度も繰り返し覚えることが大切です。

 

隙間時間を活用する

暗記はどこでもできるので、電車の移動時間、寝る前のちょっとした時間にどんどん覚えましょう。 たとえ5分ちょっとの時間でも、1年間で合計すればかなりの時間になります。

暗記は努力すれば誰でもできるようになりますので、是非やってみてください。