読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正攻法で戦う大学受験

大学受験の勉強法を紹介していきます。

問題集を最大限活用するために気をつけるべきこと

勉強法・コラム

問題集は解き方(使い方)が大事だと私は考えています。どんなに良い問題集でも、使い方が悪ければ身に付きません。今回は、できるだけ効果的に問題集を解くためのポイントを紹介します。

解いた日付を書き、正解したら○、分からなかったら×をつける

これは、後で復習をしやすくするためです。初見で既に正解した問題を何度も復習したとしてもあまり意味はありません。○や×をつけることで、復習するべき問題かどうかを後で見分けられるようにします。復習のタイミングは、問題を解いた日の夜、翌日、1週間後、1ヵ月後・・・くらいが目安です。日付を書いておくと、復習のタイミングが分かりやすくなります。これとは別にスマホのカレンダーなどに記録しておくと、より効率良く復習できると思います。

解答・解説に自分の言葉で書き込みをする

問題集の解答の中で省略されている部分や、ちょっとわかりにくい部分を自分の言葉で補います。これによって、後で復習したときも自分で理解しやすくなります。

解答・解説を読んでも分からなかったら、人に聞く

どうしても分からないときは、友達でも先生でも結構ですので、誰かに質問しましょう。

質問して理解できたら、説明してもらったことを解答・解説に書き込みましょう。

 

このような使い方で勉強を進めていくと、問題集の内容を身に付けることができると思います。

折角高いお金を出して買った問題集ですから、効果的に使いましょう。

広告を非表示にする