正攻法で戦う大学受験

大学受験の勉強法を紹介していきます。

理系の大学受験は英語で差がつく

f:id:exampass:20150126215728j:plain

私は理系の受験生でしたが、試験科目の中では英語が一番得意でした。

今考えると、理系で英語が得意というのは大学受験において有利だったと思います。

 

理系科目は差が付きにくい

数学・物理・化学の場合、入試で難しい問題が出題されてもほとんどの人が解けません。大体の受験生は文章題が出題されると、(1)、(2)あたりを確実に正解し、後の問題は部分点をできるだけたくさん取ろうと考えるはずです。この考え方は理系の科目ではとても重要です。

理系の科目では、簡単な問題を確実に正解する難しい問題は部分点を稼ぐというということを意識しましょう。

ですが、これだけでは周りとあまり差をつけられません。ここで、英語の点数が重要になってきます。

 

理系こそ英語を得意にするべき

理系の受験生が周りと差をつけるには、できるだけ英語で点数を稼げばいいのです。

 

英語はどちらかと言えば文系寄りの科目なので、理系で英語が得意な人はそれほど多くはありません。そのため、理系で英語が得意な人は、周りの人と差をつけやすくなります。

 

理系私大の英語は対策しやすい

また、理系の私大の入試の場合、英語で記述式の問題はほとんど出題されず、多くがマークシートなど、選択肢から選ぶタイプの問題です。英単語・熟語・文法をしっかり暗記し、長文を素早く正確に読む練習をすれば、私大理系の問題には十分に対応出来ます。

 

英語は大学に入学した後も役に立つ

これは大学に入学した後のことなのですが、理系の学部では英語の論文を読む国際会議で発表をする等、様々な場面で英語が必要になります。高校生のうちに英語を得意にしておくと、入学した後に苦労せずに済みます。

 

これから受験勉強を始める方は、是非これらのことを意識してみてください。

広告を非表示にする